The Bucket List

-死ぬまでにやりたい100のコト-

NZ⑧ 絶景の世界遺産『ミルフォード・サウンド』でクルージング!20年前のその場所へ。

20年前のその場所へ!

オカンとのスカイダイビングを終えた翌日、私たち家族はある「思い出」の地へ向かった。その場所というのが『ミルフォート・サウンド』。なんとも美味しそうな名前である。

f:id:yamashou121-bozu:20161023225724j:plain

フィヨルド地形の入り江全体が国立公園となっており、世界遺産にも登録されている。(フィヨルドとは氷河の浸食によって作り上げられた特殊な地形のコト。)ニュージーランドきっての景勝地である。

 

何故この場所に思い出があるのか。以前の記事でも紹介したが、20年前両親はここニュージーランドを新婚旅行で訪れた。そのハイライトとも言える思い出の場所がミルフォート・サウンドなのであった。

『ニュージーランドへ行くならミルフォート・サウンドは忘れずにな。』私は一度も行ったことが無かったが、両親に何度もこの場所について聞かされていた。

 

オススメはツアー!

クイーンズタウンからミルフォードサウンドまではバスツアーで行くのがオススメである。一見クイーンズタウンからは近いように見えるが、周りを高い山に囲まれている秘境であるためテアナウを経由した遠回りをするしか道が無い。そして片道がおよそ4時間もかかるので、初めて行く人はまずはバスツアーで行く方が楽であろう。

ちょっと英語が分かる人は、ローカルツアーを予約した方がより楽しめるプランになるはず。ミルフォードサウンドへ行くまでの道のりでも写真を撮れる絶景スポットがあり、ちゃんと立ち止まってくれるからだ。

www.kiwidiscovery.com

私達家族はココのツアー会社を利用した。ミルフォードサウンドへの日帰りツアーはいくつも出ているが、この会社のツアーは他と比べるとお値打ちで内容も満足のモノであった。大人$159(12000円)、子供$120(9000円)、今のレートだとこのくらいかな?

 

絶景クルージングに胸躍る!!

朝6:45に私たちはバスへ乗り込んだ。日帰りツアーは行き帰りで12時間ほどだ。片道4時間と言っても、窓を覗けばどこを切っても絵になるような景色が広がっている。バスに飽きる事は全くなかった。

f:id:yamashou121-bozu:20161023230908j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161023230916j:plain

行くまでの絶景ポイントにて。私はカメラとしてGoProHERO4を持ち歩いていたが、こんな壮大な景色が見える場所でこそ大活躍してくれた!それと一眼レフでOLYMPUS PEN6も持っていたが、長期の旅行ではカメラの2つ持ちはかなりオススメ。

f:id:yamashou121-bozu:20161023232229j:plain

 私たちが乗り込んだのはこんな感じのクルーザー!屋上付きの3階建てである。

f:id:yamashou121-bozu:20161023232527j:plain

出発~~~!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161023232951j:plain

 

f:id:yamashou121-bozu:20161023232901j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161023232914j:plain

 

f:id:yamashou121-bozu:20161023233205j:plain

感動っていう言葉じゃ伝えきれない程の大自然!!!何千年も手付かずの荘厳なその姿に、私はずっと口が開きっぱなしであった。

クルーザーはそびえたつフィヨルドの間をすり抜け海まで航路を進めた。およそ1時間ほどであっただろうか、『時間を忘れる』とはまさにその事を言ったのであろう。途中の航路では日向ぼっこをしているアザラシも見えた。私も混ざりたかった。

f:id:yamashou121-bozu:20161023234101j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161023233537j:plain

お気に入りの1枚。まさか20年前両親がこの場所へ来ていたと思うと、また特別な思い入れがあった。

明日へ続く。

今回の記事はいかがでしたか?

旅の記録や旅の豆知識、オススメスポットを毎日更新しています。ブログランキングに参加しているので、下の画像をクリックして応援してもらうと励みになります。

よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

読者登録はこちら→

広告を非表示にする