The Bucket List

-死ぬまでにやりたい100のコト-

Couchsurfing初ゲスト!

今、海外バックパッカーには必須のアプリ『Couchsurfing

f:id:yamashou121-bozu:20161008024047j:plain

このアプリでは、旅人が現地の人へリクエストを送り、無料でその家に受け入れてもらう事が出来るのだ。

トラベラー(旅人)ローカル(現地人)を繋ぐ強力なプラットフォームとして、アメリカやヨーロッパではかなり普及が広まっている。

 

私自身も"旅人"としてカウチサーフィンをドイツで利用し、快く受け入れてもらった経験がある。(ドイツ、ミュンヘンでの写真)

f:id:yamashou121-bozu:20161008033808j:plain

そんな思い出から、帰国後は是非とも"現地人"として受け入れをしようと考えていた。

帰国後の9月は東京への引越しもあり忙しかったが、暑さも和らぐ10月となり受け入れる体制が整った。

 

そして初ゲストとして来たのが、トルコ出身のアブとイタリア人のラウラ。彼らも同じくオーストラリアでワーキングホリデーをしており、私が住んでいたメルボルンにも住んでいたのだ。

f:id:yamashou121-bozu:20161008034025j:plain

この様に今までの経歴や情報をカウチサーフィンのプロフィールに記入する事で、ある程度の人物をお互いが把握でき、旅人側もローカル側も安心してサービスを利用できるのである。

 

プロフィールには、『今までの渡航国』や『旅人やホストからのお礼の言葉、人物像』などが表記される。このお礼は非常に素晴らしい。旅人側にせよ、ホスト側にせよ、良いお礼をもらえば次にリクエストを考えるであろう旅人の安心感へとそれが繋がるのだ。

画像で説明するとこんな感じ↓

【自己紹介】

 f:id:yamashou121-bozu:20161008022145j:image

【リファレンス】

f:id:yamashou121-bozu:20161008023157p:image

英語やその他の言語でのコミュニケーションの機会を求めている人にはうってつけのアプロであろう。私はこれまで「旅」を通して多くの人に助けられた。日本にいる間は、これから出会う旅人達に恩返しをしていきたいと思う。

 

広告を非表示にする