読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Bucket List

-死ぬまでにやりたい100のコト-

ボッタくりツアーに参加したら、絶景の夕陽が見れた

タイ

クラビ2日目!

せっかくのリゾート・クラビに到着したので、今日は丸1日を使って『7つの島巡りツアー』に参加することにした(^^)

f:id:yamashou121-bozu:20161128201942p:plain

 

前日に街の旅行代理店で予約をしてウキウキ船へ向かう!

集合場所で出会ったおじさんとふと立ち話をしていると、ツアー料金の話に。

 

オジ「俺2000バーツ(約6000円)だけどお前いくら払った?」

わし「2500バーツ(^v^)

 

 

あああああ!ボッタくられた!!

優しそうな旅行代理店のババアだったのに。。

 

よくよく考えると元が3000バーツで、値切ってみると二言目には2500バーツになっていた。せいぜい2000円でもボッタくられたと分かると何だか悔しい。笑

 

「ツアー参加者によって値段が違う」という訳のわからない事例は結構ある。東南アジアのリゾート地では若干料金を上乗せする代理店が多いので色々周って値段を聞いた方が良い。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128202033j:plain

 

大きい額じゃなかったし、良い勉強代だったと割り切る!

細かい事は気にせず、出発~!!!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128202410j:plain

 

クラビはその周辺に130以上も島があり、それぞれがとても不思議な形をしている。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128202432j:plain

 

ツアーにはシュノーケリングもついている!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128202521j:plain

 

いざ飛び込んでみると、足元に黒い何かが広がって見える。

 

すると現地のツアーコーディネーターが

「キレイデスネー!足元には危険なウニが多く生息しているからその周辺では絶対に足を付けないデネ。

 

シュノーケリングにそんなスリリングは求めていなかったのに。笑

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128202429j:plainf:id:yamashou121-bozu:20161128202734j:plain

 

クラビにはこんな形の奇岩や島が点在している。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128212929j:image

 

途中の島で出会った人達!白い砂浜と私の肌色のコントラストがすごい。笑

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128202507j:plain

 

チキン島。

写真右のひょっこり飛び出した部分がチキンに見えるのが由来らしい!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128202620j:plain

 

タップ島

干潮の時に島と島の間に砂浜の道ができるのがこの島!タイミングは良かったのだが、潮の引きがかなり早くて私たちの船が座礁スレスレだった。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128202459j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161128202804j:plain

 

日本では見る事ができないような島々。徐々に日が傾いてきた頃に船は夕陽を見るポイントへ向かった。

丸一日のツアーも楽しければあっという間だ。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128213002j:image

f:id:yamashou121-bozu:20161128212949j:image

 

クラビの夕陽は燃え上がるような金色に染まる。自然が好きだからこそ「夕陽」は色々な国で見てきたが、クラビは間違いなく1番だ。

写真では伝えきれない感動とその光景を目に焼き付けた。

 

ボッタくりから始まり、ウニのシュノーケリングもあったツアーだったが、最後にこんなサプライズがあるとは思っていなかった。終わり良ければ全て良し、かな?笑

 

f:id:yamashou121-bozu:20161128215923j:plain

 

その日の夜はマテオスとお別れを兼ねて飲み明かした。この時彼が見せてくれた故郷イタリアの写真が忘れられない程美しい自然だった。

「必ず数カ月後に行くよ」彼とそんな約束をしてサヨナラをした。

 

 

ここまで読んでくれた方々へ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

現在ブログランキングに参加しています!上の画像をクリックして応援してもらうと励みになります(^^)

にほんブログ村

 

 

 

読者登録はこちら→

マレー鉄道の旅、タイへ突入!リゾート地クラビを満喫!

タイ

ヒデとお別れをした後、私は予定を急きょ変更してタイ行きのマレー鉄道へ飛び乗った!(クアラルンプールはパス)

 

次の目的地に考えていたタイのクラビⒸという場所。

 

プーケットの隣にあるクラビは「浜辺と夕陽のリゾート地」という話を聞いていた。ずっと移動をし続けていたせいもあってか、そろそろ休養が必要と感じていた頃だった。

 

夏の東南アジアは中々体力がいるものだ(^^;)

 

 

これが深夜特急の中!クアラルンプールからは国境駅パダンブザールを乗り継いでタイのハジャイという街へ(7時間)。そこからバスに4時間揺られてクラビへ到着だ。

 

床にゴキブリ君が歩いていたけど、そんな事は気にならなくなっていた。

慣れは怖い(^^)

 

f:id:yamashou121-bozu:20161127185643j:plain

 

「マレー鉄道」という響きこそ良いが、乗り心地は最高に悪い( ;∀;)

しかも、タイ南部は鉄道の脱線事件や列車内の窃盗があったりと治安が悪いのだ。寝てる間も気が抜けないので身体にバックパックをロープで括りつけて寝た。

 

 

ここがマレーシアとタイの国境!フェンスを1つ隔てているだけで、パスポートコントロールもゆるっゆるなので安心してほしい

 

 

ハジャイ駅!!この駅の周りにはめちゃくちゃボッタくりがいる!

旅人を狙って高額なバスチケットやsimカードを押し売ろうとする輩がうようよだ。基本的に「陸路の国境周りには悪い人が多い」のでお気をつけて。

 

 

東南アジア名物「トゥクトゥク」!

ここから更に4時間乗り合いバスに揺られる。苦笑

やっとの事で着いたのが、、、、

 

 

f:id:yamashou121-bozu:20161127191648j:plain

クラビ!!! 

待ちに待ったリゾート地だ!同じバスに乗り合わせていたイタリア人のマテオスと仲良くなった。

 

 

 

マンゴー100%の濃厚ジュース。これがほっぺた落ちる程ウマイ、安い!!1杯150円くらいで飲めてしまう。それまでの疲れが吹っ飛んだ!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161127203027j:plain

 

f:id:yamashou121-bozu:20161127191653j:plain

 

f:id:yamashou121-bozu:20161127191719j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161127191723j:plain

 

イタリア人とタイでピザを食べるとは思っていなかった。想像以上に味も美味しく、マテオスがオススメしてくれたのも納得だ!物価もとても安くて、ビールと合わせても500円ほどで済んでしまう!バックパッカーには夢のような場所だ(^^)

 

f:id:yamashou121-bozu:20161127192128j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161127192541j:plain

 

噂に聞いていたクラビの夕陽は、想像を超える綺麗さ。

マテオスと浜辺でぼんやりと夕陽を見ながら吸った煙草は至福の一服だった。

今はもう吸わなくなったけどね。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161127191745j:plain

 

夜はナイトマーケットを散策。どれもこれもウマイし安い!!!

まがい物の服なんかも売っているけれど、値切れば値切るほど安くなる。笑

マテオスの着ている服も値切ってかなり安くなったと言っていた。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161127191841j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161127191829j:plain

 

 

実はここで出会ったマテオスとはイタリアで再会している。

旅先で巡り合う縁とは本当に不思議なものだ。

素晴らしい友人と綺麗な自然と美味しい食事に感謝。

 

 

ここまで読んでくれた方々へ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

現在ブログランキングに参加しています!上の画像をクリックして応援してもらうと励みになります(^^)

にほんブログ村

 

 

 

読者登録はこちら→

マラッカのナイトマーケットで食べ歩き!EDM人力車がスゴイ!

マレーシア

f:id:yamashou121-bozu:20161126200718p:plain

 

マラッカの街歩きを終え、宿へ戻るとそこのスタッフが尋ねてきた。

「ジョンカー通りのナイトマーケットを知らないのかい?地元民も集まるし面白いぞ!」

 

その日暮らしのように場所を転々としていた私にとってそういう情報はありがたい!

調べてみるとジョンカー通りのナイトマーケットはマラッカ観光の目玉で、金土日の夜6~12時までの開催ということであった。

ちょうど日も暮れ、ナイトマーケットで食べ歩きスタート!(^^)

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126200739j:plain

 

焼き餃子!これで100円くらいかな?

マレーシアの物価の安さにはびっくりする!すぐ隣のシンガポールと比べるとその差は2倍ほどもあるのだ。安さにひかれてどれもこれも食べたくなる!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126200752j:plain

 

スイカのくり抜きジュース!

おばちゃんがすごい勢いでスイカをドリルで粉砕していく。笑

見た目のインパクトもあって行列ができていた!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126200755j:plain

 

私はメロンの粉砕ジュース。

夏の東南アジアで味わう果汁100%ジュースは最高だ!(^^)

(日本より断然安いし無添加!)

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126200805j:plain

 

タイ料理のパッタイに似た料理!

屋台で食べる料理は本当に美味しい!たまに「東南アジアの屋台料理でお腹を壊した」という話を聞くが、それを避けるが方法が2つある。

 

  1.  空いているお店は絶対選ばない。

  2. 火が通してある食べ物を選ぶ。

 

意外と単純だけど、ほんとにコレに徹する事だと思う。

食べ物当たらなかったの?とよく聞かれるけど、これを気にかけてたおかげかお腹を壊すことはほぼ無かった。(インドを除く)

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126200809j:plain

 

アイスを加えてふら~っと歩いていると、

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126201100j:plain

 

なんじゃこりゃ!!

豪華絢爛な装飾と一緒に流れてるのはPSYの「江南スタイル」。

もう訳が分からない。笑

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126200935j:plain

 

実はこれ「トライショー」と呼ばれる人力車で、マラッカの史跡巡りを1時間1200円ほどでしてくれる。昼間こそライトアップはないが、昼夜問わずEDMガンガンに流しながら街を周っている。笑

 

 

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126210728j:plain

 

ドラ○もん見つけた。しかも面白いのが、これ全部運転手の手作り!

前の記事でマラッカの歴史についても載せたけれど、歴史ある町並み(世界遺産)とこういうギャップを楽しめるという意味ではマラッカは本当に面白い(^^)

 

traveler-shogo.hatenablog.com

 

 

マラッカナイトを楽しんだ次の日、私は首都クアラルンプール郊外の「バトゥ・ケーブ」という洞窟を目指すことに。マラッカ~クアラルンプールはバスで2時間ほど。

 

 

そのバスの中で出会った旅人ヒデから「バトゥケーブはヒンドゥー教の聖地と呼ばれている場所なんだよ」と教えてもらい、彼とそこを訪れることにした。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126201218j:plain

 

到着してビックリ!!!流れる空気感がそれまでとは違っていた。夜ということもあって観光客は少なく、いたのは敬虔なヒンドゥー教の人たち。

 

お寺の中で大勢の信者がお祈りをする姿は、まさに「宗教」の違いを感じた瞬間だった。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126201222j:plain

 

とんでもない急な階段を登っていく。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126201254j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161126201244j:plain

 

突然広がる洞窟!見上げる程大きいそのスケールは想像以上で、それが「聖地」と呼ばれている理由がよく分かった。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126201304j:plain

 

旅人のヒデ。ここへ誘ってくれたことに感謝だ!

夜という事もあり、手早く洞窟を周った後クアラルンプールへと戻った。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161126201347j:plain

 

ヒデとは1日だけの観光であったが、お互いの行き先はタイのバンコク。

そこで再会する約束をしてお別れをした。

旅先で友達を作る楽しさ、これこそ1人旅の醍醐味だと思う(^^)

 

 

ここまで読んでくれた方々へ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

現在ブログランキングに参加しています!上の画像をクリックして応援してもらうと励みになります(^^)

にほんブログ村

 

 

読者登録はこちら→

マレーシア突入!世界遺産マラッカの街歩き♪

マレーシア 世界遺産

f:id:yamashou121-bozu:20161124163950j:plain

世界遺産の街マラッカへ

3日間のシンガポール旅がついに終わった!お世話をしてもらったジーハオも行ってたけれど、シンガポールを周るならちょうど3日で十分だと思う。シンガポールは東京都の1/3の大きさだ。

 

そんな彼に感謝を伝えて、次に向かうのはマレーシア!!!(^^)

 

首都のクアラルンプールを訪れる前に向かったのは、マレーシアの古都として世界遺産委に登録されている「マラッカ」という街。

 

(※シンガポールからマラッカはバスが3000円ほどで出ているが、チケットを買う場所と乗り場が離れているので、これから行く方は下のサイトを参考にしてみてね。

意外と簡単!?シンガポールからクアラルンプールまでの行き方 - NAVER まとめ


 

 

今回、東南アジアでワクワクしていたことの1つが「陸路での越境」。初めて陸続きの国をバスで渡るという事で、国境の検閲所を通らないといけない。

f:id:yamashou121-bozu:20161124162714j:plain

 

シンガポールとマレーシアをまたぐ橋での1枚!向こうに見えるのがシンガポールのビルや工場だ。

f:id:yamashou121-bozu:20161124162723j:plain

 

そして、こっち側がマレーシア!これだけ一目瞭然とは思ってなかった!

 

その後パスポートコントロールもあったけれど、残念ながらそこは写真撮影が禁止されていた。一言で言うと、ゆるっゆるの検閲所なので心配は一切いりません。笑

 

 

f:id:yamashou121-bozu:20161124160208j:plain

シンガポールからバスで3時間!目的地の「マラッカ」に到着!(^^)

 

 この街が歴史の街と呼ばれているのは、14世紀に東西貿易の拠点となっていたのが理由。そのため、イギリス・オランダ・ポルトガルの歴史的建造物を交えた独自な街並みが広がっている。 

 

f:id:yamashou121-bozu:20161124163529j:plain

 

はじめに訪れたのが、セントポール教会!カトリック教のポルトガルによって建てられ、ザビエルの遺骨が安置されていた事もあったという。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161124163532j:plain

 

教会の丘から見下ろすマラッカの街並み。洋風の建物屋根が広がっている!!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161124163612j:plain

 

洋風の街並みの中に点在しているのが中華系の寺院だ。このチャンフーテンという建物はマレーシア最古の仏教寺院として、観音菩薩が祀られている。入口で暇そうに座ってるオジさんが良い味を出している。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161124163811j:plain

 

さらに歩くと見えてくるのがカンポンクリンモスク!これはマレーシア最古のモスクで、イスラム教徒のみが入ることを許されているそう。

 

実際、街の中をふらっと歩くだけでこれだけの宗教・文化が入り混じった様相を見れたのは、今まで訪れた街でもほとんど経験がない。植民地として支配していたポルトガル・オランダ、はたまた大陸から渡って来た華人やマレー人の歴史遺産が今でも綺麗な形で残っている街だからこその世界遺産なのだろう。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161124163701j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161124164010j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161124225043j:plain

 

中華系の建物の横に突然イギリスチックな洋館が現れたりする!!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161124163950j:plain

 

突然現地の大学生にインタビューをされた!ここマラッカに来る旅人の国籍調査をしてたようで。笑顔が素敵な子たちだった(^^)

 

 

f:id:yamashou121-bozu:20161124164400j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161124164405j:plain

 

東南アジアを周った事がある人は共感できるかもしれないけど、道端でこうやって寝てるネコ。笑 こんな風にくつろいだ猫とか犬を結構見かけた覚えがある。見てるこちらもゆっくりした気分にさせられる(^^)

 

f:id:yamashou121-bozu:20161124163953j:plain

 

今回マラッカで泊ったのがここのSayang Selalu Guest House!!

普段はゲストハウスについて書かないけれど、ここのスタッフは本当に親切だったので是非ともオススメしたい♪

www.tripadvisor.jp

f:id:yamashou121-bozu:20161124164448j:plain

 

実はこの時、肩が肉離れを起こしてピクリとも腕を回すことが出来なかったのだけれど、スタッフの彼が心配してマッサージと薬まで用意してくれた。彼には感謝の気持ちでいっぱいだ!こんな風に旅人との距離が近いゲストハウスを将来作りたい。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161125152012j:image

 

このゲストハウスで仲良くなった他のスタッフからはこんなギフトをもらった。今でもサブバックに大切につけているマラッカの缶バッチだ(^^)

 

f:id:yamashou121-bozu:20161124164534j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161124164555j:plain

沢木耕太郎の著書「深夜特急」にも”マラッカの夕陽”としてこの場所が紹介されている。

大きく美しい夕陽がマレー海峡の奥に沈んでいった。

 

ここまで読んでくれた方々へ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

現在ブログランキングに参加しています!上の画像をクリックして応援してもらうと励みになります(^^)

にほんブログ村

 

 

 

 

読者登録はこちら→

【絶景】シンガポール・マリーナベイサンズの夜景とローカルフード巡り

シンガポール

f:id:yamashou121-bozu:20161120230356p:plain

セントーサ島を満喫した翌日は、再びグレースと集合!彼女はワーホリでメルボルンにいた頃の友達だ。屋台市場でお昼ご飯を食べながら、メルボルン時代の話で盛り上がった(^^)

 

そこで食べたのがコレ!

f:id:yamashou121-bozu:20161120230216j:plain

「海南鶏飯(シンガポールチキンライス)」!!!

茹で鶏とその茹で汁で炊き上げたシンガポールの名物料理。これがめっっちゃウマイのだ!!!ダシが染み込んだご飯の風味はかなり日本人好みの味だと思う。

 

www.misotabe.com

最近だとセブンイレブンが海南鶏飯のおにぎりを発売したそうで、それがかなり売れているそう。気になった方は是非とも食べてみてほしい!そんなに美味いのかな?

 

そして、お昼ごはんの後に向かったのがココ。

f:id:yamashou121-bozu:20161120224752j:plain

Gardens by the bay(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)!

 

シンガポール随一の超巨大な植物園で、「スパーツリー」という50mもあるオブジェがいくつも建てられている。下から見上げあると圧倒されるほどデカイ!映画の「アバター」の世界のようだ。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120224825j:plain

下を歩いてる人と比べたらそのサイズ感が分かると思う。

(ノ゚ο゚)ノ見た瞬間まさにこんな顔をしてた。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120224810j:plain

スパーツリーの内側には「スカイウェイ」と呼ばれる空中回廊があり、そこを歩いて渡れるのだ!これが楽しい!!!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120225311j:plain

向こうに見えるビル群とのコントラストが面白い!一歩街から踏み出すだけでこれだけの自然を体験できるのはシンガポールの良い所だと思う。シンガポールが「ガーデンシティ」という異名を持っているのも納得だ。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120224812j:plain

横を振り返ると、そびえ立つのが、、、

「マリーナベイサンズ」!!!

 

一生に一度はここへ泊ってみたい!もちろんバックパッカーとは無縁のホテルなので、次回はちゃんとお金を貯めて行ってみたいなぁ。

調べてみたけど、部屋にもランクがあって一番安くて1泊5万ほどだ。少し悩んだが、1人で泊っても悲しくなってしまうのでやめた。笑

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120225002j:plainf:id:yamashou121-bozu:20161121010314j:image

グレースは意外とおちゃめである。

でも実はこの場所、お昼に来るより夜来るのをかなりオススメしたい

その理由というのが、

 

 

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120225707j:image

f:id:yamashou121-bozu:20161120225722j:image

この夜景!!!

夕暮れ時から、街全体が徐々にイルミネーションを施したように変わっていく。奥に広がる摩天楼とマリーナベイサンズはまさに絶景そのもの。これを撮影するために夜に再訪したけども、間違いなく一見の価値ありがあると思う!

 

ちなみに19:45と20:45からは音と光のショーも開催される。私はショーがある事を知らず、突然始まったそれにかなり驚かされた!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120225033j:plain

そしてついにマリーナベイサンズに潜入!

テレビでよく映る屋上のプールは宿泊してないと行けない。次に来るときは彼女がいることを願うばかりだ。涙

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120225044j:plain

ホテルの中はこんな吹き抜けになっている!どこを見渡しても「素晴らしい」の一言。

ちなみにトイレも見たけどそれもスゴイ!何ならトイレでさえ泊れるくらい綺麗で広かった。グレースとのシンガポール散策は大満足で終わった!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161121010622j:plain

これでグレースとはお別れだ。こんな形で再会すると思っていなかったが、本当に良い2日間だった。最後は国旗にメッセージを書いてもらってサヨナラをした。次は私が台湾に行って会えたらいいな!

(グレースとの再会の記事は↓)

traveler-shogo.hatenablog.com

 

色々な国に友達を持つコトって、海外へ行く本当に良いきっかけだと思う。

 

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120230055j:plain

その日の夜はジーハオとその友達に誘われて、シンガポール名物料理「チリクラブ」を食べにいった!チリ・トマト・溶き卵が合わさったこれは、海南鶏飯に並ぶ有名ローカルフードだ。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120230500j:plain

チリクラブ最高にウマイッ!!!

名前こそ「チリクラブ」だが、蟹の旨味とダシが卵とかなり良い相性をしていて、ほんのりとした辛さがアクセントになっている。このウマミ成分ソースを揚げパンに浸して食べると確実にほっぺたが落ちる。

 

素晴らしいディナーをご馳走してくれたジーハオには感謝するばかり。観光まで連れて行ってくれて本当に良い友達をもったと思う。

(ジーハオとの出会いについては↓の記事)

traveler-shogo.hatenablog.com

 

大満足のままお店を出ると、、、

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120230528j:plain

シンガポールの夜景が目の前に!

大都会のビル灯りが海に反射された光景に息を飲んだ。ガーデンズバイザベイとはまた違う夜景がここから見えた。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161122153137j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161122153100j:plain

 

f:id:yamashou121-bozu:20161120230531j:plain

実は世界三大ガッカリと言われるマーライオン。

ライトアップされてるとちょっとはマシかも?笑 実はシンガポールへ来るのは中学校以来2回目。フォルダを探してみたら懐かしい写真が出てきた。

f:id:yamashou121-bozu:20161122152716j:image

f:id:yamashou121-bozu:20161122162711j:image

最後は4人で記念撮影。

3日間に渡るシンガポールの旅は、ジーハオとの思いがけない出会いから始まり、メルボルン時代の友人グレースとの再会、素晴らしいシンガポール料理の数々を味わって幕を閉じた。

 

人生はどこでどんな出会いがあるか分からない。

一歩外へ踏み出す勇気と、出会った全ての人に感謝の気持ちを忘れず歩いていこう。

 

ここまで読んでくれた方々へ!

現在ブログランキングに参加しています!下の画像をクリックして応援してもらうと励みになります(^^)↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

読者登録はこちら→

これから旅をする人へ。命の大切さ。

伝えたいコト

この記事について投稿しようか迷ったが、『もう二度と起きて欲しくない』という思いから綴ることにした。なにが起こったのかというと私がエジプトにいる間に出会った友人が先日、南米コロンビアにて強盗に遭遇し、それを追いかけようとして銃で撃たれて亡くなった。

 

彼も私と同じく、大学を休学して世界一周の旅をするという志を持っていた。

 

ここでは名前等は伏せておくが、未だに信じられない。最近もFabebook上でやり取りを交わしたばかりで、南米の後にもうすぐ帰国という事であった。それまでの旅路を考えても、ある程度の危機感は備わっていたと思う。そんな彼の訃報が友人伝いに伝わってきた。

 

旅を通して、世界の見聞を広めるというコトは間違いなく人生の糧になるはずだ。しかし、それは日本ではない”異国”だということをどうか忘れないでほしい。国が違えば、人も文化も安全性も違う。一寸先は闇であって、どこに死が待ち受けているのかは分からない。どれだけ気を付けても、何が起こるのかは誰も予知できないのだ。

 

強盗でモノを盗まれた時、それを追いかけてはいけない。もちろん悪いのは彼ではない、悪いのは全てその犯人だ。だが、何を捨てでも『命』だけは守り切ってほしい

 

私はこのブログを通して、より多くの人に旅を好きになってもらいたいと思っている。それと同時に、何が起こってもおかしくないというのが海外であるという事を忘れないでほしい。あなたが帰国した時待っているのは、家族や友人であるということを。

 

こんな事件はもう二度と起きて欲しくない。残念で仕方ない。彼のご冥福をお祈りいたします。

【家族旅行編】日光紅葉狩り&絶品もつ鍋!!

日本

久々の家族旅行へ!

f:id:yamashou121-bozu:20161119202729j:image

今週は両親が実家から東京へ遊びにやってきた!(^^)

 

せっかくのお休み、家族旅行へ行くのも久々だ。振り返ってみると、前の家族旅行はニュージーランド。20年ぶりの新婚旅行地を訪れた時が最後だ。

traveler-shogo.hatenablog.com (↑以前の家族旅行の記事。良ければ見てね)

 

天気は秋晴れ、私たちは栃木県の日光東照宮と中禅寺湖を訪れた。今の時期がちょうど関東近郊の紅葉シーズンというのも理由だ。

 東京から中禅寺湖~日光東照宮までは車で大体3時間。

行くまでの道のりでも木々が色づいて紅葉が始まっていた。私はそんな事を露程も思わず、車の中で大爆睡してたよ。

f:id:yamashou121-bozu:20161119205758j:image

ふと目を覚ますと着いていたのがココ、明智平ロープウェイ

紅葉を見ながら、あの有名な華厳ノ滝を眺められる景勝地だ。

f:id:yamashou121-bozu:20161119205802j:image

ケーブルカーでぶ~んと3分登る。

奥に見えるのは「男体山」。何ともたくましい名前だ。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161119191802j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161119192022j:plain

見晴スポットへ着くと見えるのが華厳ノ滝!

日本三名瀑としても知られているので、名前を聞いた人もいるかもしれない。残念ながら周辺の紅葉は終わっていたが、その景色は荘厳で迫力があった。(ノ゚ο゚)ノ

 

f:id:yamashou121-bozu:20161119202729j:plain

家族写真(^^)

 

f:id:yamashou121-bozu:20161119191938j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161119191944j:plain

1か所山の中腹に紅葉が広がっている場所があった!なんでだろ?

 f:id:yamashou121-bozu:20161119211918j:image

中禅寺湖はびっくりするくらい周りに何も無かった。小腹が空いたので、華厳ノ滝第2駐車場の売店でフランクフルトを食べたのだが、それが人生で食べたフランクフルトで最高にマズかった!!!これから行く人は絶対に食べないでほしい

 

私たちはそそくさと日光東照宮へ向かった。

f:id:yamashou121-bozu:20161119192220j:plain

中禅寺湖からは大体30分。最初に見えてくるのがこの五重塔!国の重要文化財にも登録されている歴史ある建物だ。

調べてみて驚いたのが、これに使われている建築技術が東京スカイツリーの耐震技術に応用されているという事。何百年も前の技術なのにすげぇ。

xn----107a39dd7nq6e48ksicsok45e.jinja-tera-gosyuin-meguri.com

 

f:id:yamashou121-bozu:20161119201912j:plain

f:id:yamashou121-bozu:20161119201907j:plain

本殿へ歩いている途中には紅葉が!!!

 

f:id:yamashou121-bozu:20161119202256j:image

仁王像。

f:id:yamashou121-bozu:20161119202611j:image

「見ざる聞かざる言わざる」のアレ。

🙈🙉🙊← 

f:id:yamashou121-bozu:20161119192506j:plain

灯篭。

 

f:id:yamashou121-bozu:20161119192624j:plain

お酒山盛り。

これの意味知ってる方は是非コメントで教えて頂きたいです!!!

 

日光東照宮、唐門。

他と比べるとかなり装飾が派手で、お金がかかっているのがこのお寺。その理由は、日光東照宮が徳川家康のお墓として建てられているからだ。権威を振った家康の象徴として残っているのがココ。わたくし実は歴史が結構好きです(*^^)

 

お寺巡りも歴史を知っているかいないかで大分楽しみが変わってくると思う!

f:id:yamashou121-bozu:20161119201835j:plain

 

最高のもつ鍋

サクッと周った後は、とんぼ返りで東京へ!!!

この日の夜は、東京スカイツリーの隣のソラマチで夕食の予約がしてあったからである。そのお店というのが「蟻月」

f:id:yamashou121-bozu:20161119224113j:image

www.arizuki.com

ここはモツ鍋と水炊き鍋のお店なのだが、ここの味噌モツ鍋が最高にウマイ!!!

f:id:yamashou121-bozu:20161119220253j:image

面倒な説明は無しに、ただただウマイ。ほんとにウマイ。笑

f:id:yamashou121-bozu:20161119221012j:image

恵比寿や代官山にもお店があるのだが、そこは電話も繋がらないほど人気で、狙い目はスカイツリー店だと思う。

 f:id:yamashou121-bozu:20161119220215j:image

しかも31Fの最上階から夜景まで楽しめる!^o^ 両親も初めて訪れたのだが満足してくれて、充実した1日となった!!また行きたいなぁ!

 

もつ鍋好きは是非行ってみてください♪

ここまで読んでくれた方々へ!

現在ブログランキングに参加しています!下の画像をクリックして応援してもらうと励みになります(^^)↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

読者登録はこちら→